不動産投資は、投資不動産の空室リスクを考慮するべきです

不動産投資を行う場合、当然ながら、初期費用がかかります。自分で現金を用意できる場合は、それでまかなうことも可能です。しかし、多くの人は、ローンなどを組んで、初期費用に充てています。そして、ローンの支払いは、月々の家賃収入から充てることになります。

順調に賃貸契約が進んでいれば、ローンの支払いもうまくいきます。しかし、投資不動産には、空室リスクというものがあります。このことについては、きちんと理解しておいた方がいいでしょう。そして、空室が多くなったり、その状態が長く続いたりすると、ローンの支払いは難しくなってしまいます。また、現金で一括払いをおこなった人であっても、その代金を回収しないと、利益は出ません。空室にしないことを目標にするといいでしょう。

また、初期費用の他に、メンテナンスなどの費用もかかります。これについても、空室が多かったりすると、利益が出なくなってしまいます。不動産投資で、投資不動産を人に貸す場合には、修繕なども必要になるのです。

最初は新しくてきれいに見えても、年数が経つと、いろいろな箇所の補修が必要になります。長い期間が経つと、こういった費用も必要になることも、きちんと理解しておいた方がいいでしょう。